なぜ女性に多いのか

 

通常、排便は毎日行うのが健康な状態ですが、3日以上なかったり便が硬くて量が少ない場合を一般的に便秘と呼びます。便秘になりやすいのは、男性よりも女性に多く、排便が困難になるだけでなく、腹痛や膨満感、食欲不振などの症状があらわれることもあります。便秘により、肌荒れや肩こりが起こる場合もあります。では、なぜ男性に比べ女性のほうが便秘になりやすいのでしょうか。まず、女性が便秘になりやすい時期として、月経前といわれていますが、これには女性ホルモンが関係しています。黄体ホルモンというのが、排卵後から月経前まで多く分泌されますが、その黄体ホルモンは、女性ホルモンの一種です。黄体ホルモンの役割には、流産しないように子宮の筋肉の収縮を抑制するというのがあります。

その黄体ホルモンの影響で、腸の運動が弱くなるうえ、からだに水分と塩分をためこむ性質があるので、大腸から水分が吸収され、便が硬くなりやすいのです。また、女性は男性よりも無理なダイエットをする傾向にあります。無理なダイエットとは、食事量を極端に減らしたりなにも食べないというようなものです。食事量を減らすと、食物繊維や水分までも摂取できないため、便が硬くなり排便しにくくなってしまいます。女性が便秘になりやすい他の理由として、男性に比べ腹筋が弱い、トイレを我慢することが多い(恥ずかしいなどの理由)、ストレスを感じやすいなどの理由もあげられます。このように、女性に多い便秘ですが、もちろん男性にも便秘はあり、原因は人それぞれです。ここでは、便秘の種類や原因について説明します。そして、からだに支障をきたす便秘にならないための予防方法や対策について説明します。

<関連サイト>
便秘予防のために作られたオリゴ糖の健康食品の通販サイトです ---> 便秘 予防